*

codeigniterでselect文にunionを使いたい

公開日: : CodeIgniter, PHP, SQL

small__518053737

select文でunionを使いたいが、調べてみてると普通にできなさそうなので、libraryを探してみるとSubquery Library がありました。

Subquery.php

Subquery.phpをapplication/libraries フォルダにおきます。以下のように実装することでunionのselect文(select name,description from table_a union select name,description from table_b)が実行できます。

$this->load->library("subquery");

$sub1 = $this->subquery->start_union();
$sub1->select(array("name", "description"));
$sub1->from("table_a");

$sub2 = $this->subquery->start_union();
$sub2->select(array("name", "description"));
$sub2->from("table_b");

$this->subquery->end_union();

$query = $this->db->get();

お問い合わせはこちら!

関連記事

SQLのLEFT JOINを実際に実行して視覚的に理解しよう!

photo credit: tec_estromberg via photopin cc

記事を読む

codeigniterのヘッダー、フッターはhookでなくloadで対応する

photo credit: mrlerone via photopin cc  

記事を読む

Laravelのパッケージ開発

 パッケージ作成 Laraavelのパッケージを作成し、作成したパッケージを他のプロジェクトで利用

記事を読む

【Codeigniter】$this->db->where() の第3引数にfalseを指定した時の解説

photo credit: trekkyandy via photopin cc PHPに

記事を読む

codeigniterで、PC版とスマフォ版のテンプレートを自動で振分ける方法

  スマフォ版とPC版のテンプレートを切り替えるために、毎回コントローラでユ

記事を読む

Laravel 5.1 プロジェクト作成(インストール)

本記事ではLaravel 5.1 LTSを利用して開発するためにLaravelをインストールする手順

記事を読む

Windows10にLaravel開発環境を構築

本記事は筆者のノートパソコンにLaravelプロジェクトの開発環境を構築した時のメモです。 構

記事を読む

PHPカンファレンス2015参加後記(PHP7は何が変わったか?)

PHPカンファレンス2015に行ってきましたので、後記を作成してみました。発表内容についての説明より

記事を読む

codeigniterで共通のヘッダーフッターの読み出しはCI_LoaderをextendsしたMY_Loaderで実装する

codeigniterで共通のヘッダー、フッターを読み込むときは、CI_Loaderクラスを

記事を読む

第104回 PHP勉強会に参加しました!

昨日「第104回 PHP勉強会@東京」に参加し、メイン発表をしました。 本当は発表を聞きに行くつも

記事を読む

お問い合わせはこちら!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら!

Laravel 5.X Queryログ出力例

Laravel 5.1でQueryログを出力する際のメモです。

no image
Laravelで複数実行したいとき

マルチプロセスで複数に実行してほしい場合は、JOBクラスを利用します。

Laravel5.1 ModelのCollectionからデーターを取得

ModelのCollectionからidのみを取得 <?p

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

→もっと見る

PAGE TOP ↑